新宿勤務で美食家(自称)の私がお勧めランチを紹介するよ #10 本格派イタリア料理 代々木「かもめのイタリアン」

イタリアン好きなら一度は行くべき 代々木「かもめのイタリアン」

かもめのイタリアン ランチサラダ

ランチでも手を抜かない前菜の盛り合わせサラダで、まずは代々木「かもめのイタリアン」の本気度合いを味わっていただきたい。

時間をかけて、優雅に味わいたい前菜サラダ。

前世イタリア人のわたしは、ランチで様々なイタリア料理店を訪れるが、前菜のサラダにこれだけこだわりのあるお店は意外と少ない。構成要素の種類も多く、食べごたえがある。

パスタランチ

かもめのイタリアン ランチパスタ

前菜のサラダを満喫した後、メインのパスタが運ばれてくる。

わたしはアラビアータを好んで注文するが、どれを頼んでも外れは無い。トマトソース系のパスタだと、キャンティやモンテプルチアーノあたりとのマリアージュを愉しみたいが、ランチなので我慢。

ディナーは別次元の旨さ

かもめのイタリアン ディナー

ランチパスタでこのお店の実力に満足してはいけない。ディナーに出てくる料理は、ランチのそれを軽くしのぐ一品ばかりである。厳選された旬の食材を活かした料理はどれをとっても美味しい。

かもめのイタリアン ディナー

イタリアン好きのハートをつかむディナー企画

かもめのイタリアン 企画

ランチに行くとよく企画ディナーのチラシが置いてある。内容をよく読むと、イタリア各州の代表的なワインの企画であったり、生産者が実際に来たりと、本格的にイタリアの文化を体感できるところが面白いと思っている。

フランチャコルタ

ロンバルディア州 のDOCGワイン、フランチャコルタが飲み放題の上、生産者が来るという企画の日に参加したが、おそらく一本半くらい飲んだと思う。

ハマグリなどの魚介類系に、シャンパーニュにも劣らないイタリアが誇る発砲ワインを合わせると、料理もワインも絶妙なマリアージュで、リピート確実。

定期的に企画ディナーの日があるので、日程と予算が合えば参加したいと思っている。

総合評価:98点 イチオシ

 

店内の雰囲気、接客サービス、料理のどれをとっても自信を持っておススメできるお店
リピーターも多く、ディナータイムも至福のひと時を過ごせる。

料理(food):96点

 

前菜のサラダだけでも価値あり。炭酸水を出してくれるので、食間もサッパリと喉を潤せる。

内装(decor):98点

イタリアの“リストランテ”を彷彿させる店内は、清潔で高級感があり、とても居心地の良い空間。

サービス(service):100点

 

訪れるたびに明るく気さくに笑顔で接していただき、文句のつけようがないサービス。

コスパ(cost):94点

 

ランチは千円程度、食後のコーヒー入れて1,300円程度。わたしは迷わずエスプレッソをいただく。

お店の概要

代々木「かもめのイタリアン」外観
代々木「かもめのイタリアン」外観

かもめのイタリアンは、オーセンティックイタリアンと伊・仏のワインを楽しんでいただくイタリアンレストランです。私たちが大切にしているのは「テロワール」。テロワールとは、土壌や風土、文化などを意味する言葉です。若いころ、ヨーロッパの各地を旅しましたが、どこの街にも何十年も変わらぬ姿でそこに存在するレストランがありました。街の誰もが知っていて、変わらぬ味で迎えてくれる店。その街のテロワールの一つとなっているようなレストラン――。

私たちは、「かもめのイタリアン」を、そんなお店にしたいと思っています。お料理は、世界のトップシェフたちが目指す趣向を凝らした創作系ではなく、素材を活かしたオーセンティックなイタリアンです。目新しいものではなく、誰もが知っている名前がついた料理がほとんどです。しかし、皆さんが今までに召し上がったその名前がついた料理の中で、もっとも美味しいものであることを目指しています。

「かもめのイタリアン」サイト シェフからのご挨拶 より引用)

店舗名称 La Cave à Terroir かもめのイタリアン
webサイト http://cave-terroir.jp/
営業時間 ランチ 11:30~14:30 (L.O.14:00)
ディナー 18:00~23:30 (L.O. 22:00)
定休日 日曜日・祝日・第3土曜日
電話番号 03-5413-7505
ロケーション
渋谷区千駄ヶ谷4-26-11 代々木TH&CビルB1
東京都渋谷区千駄ヶ谷4-26-11 代々木TH&CビルB1

謝辞

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
この記事が気に入っていただけましたら、よろしければ以下のボタンからシェアをお願いいたします。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で岡村 博之をフォローしよう!

投稿者: 岡村 博之

1971年 横浜に生まれ横浜に育つ 大学まで投手として野球を続ける。 某インフラ事業を母体とした企業でグループ会社のweb関連業務に従事 趣味は音楽鑑賞、飲酒(特にウイスキー・日本酒)、ゴルフ、たまの草野球

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください