「ホンダ アコード・USワゴン Si-R (E-CF2)の軌跡」 開設しました。

HONDA ACCORD US WAGON SI-R

「ホンダ アコード・USワゴン Si-R (E-CF2)の軌跡」 開設しました。

ゴールデンウイークでまとまった時間が取れたため、かねてから構想していた私の愛車のサイトを5月2日と3日の2日間で制作いたしました。

公開内容については、どこが壊れたとか、車検を通していくらかかったとか、他愛もない愛車に関することを不定期で適当に更新していこうと思っています。

また、整備工場からの請求明細書を見ながら、過去記事も作成し、愛車のエピソードについてなどを綴っていこうなんて考えております。

構想

ホンダ アコード・USワゴン Si-R (E-CF2)の軌跡のサイト設計図
構想自体はずいぶんと前から企画しておりました。

ただ、webサイトって、作って終わりではなくて、実は公開してからの運用が最も大切なんですね。

つまり、無料のブログサービスなんかもたくさんありますし、作るだけなら誰でもできると思うのです。

しかしながら、そこはプロフェッショナルw

この業界で飯を食べている以上、仕込みとか仕掛け、今後の展開など、実はいろいろと策を施していたりします。

ほかにも、技術的な実験をしてみたかったというのもあります。

課題

今回実験した技術は以下の通りとなります。

パララックス・サイト

スクロールしてページが遷移していくやつですね。当然レスポンシブで、スマホも対応。できればパソコンなど、解像度の大きな画面で見ると効果的なサイトとなっております。

WordPressのTwenty Seventeenテーマのカスタマイズ

WordPress Twenty seventeen
WordPressの公式テンプレートであるTwenty Seventeenというカフェなどの飲食店向けのテーマの勉強と改修を兼ねての実験を行います。

AMP導入

AMP
Googleが推奨するAMPページの実験。
Accelerated Mobile Pages プロジェクトについて

SNS戦略

サイトプランイメージについてGoogle,Yahoo!,Facebook,Twitter,Google+,はてなブックマーク,WordPress,GoogleAnalytics,モバイルファースト・コンテンツファースト、レスポンシブウェブデザイン
このような形態のサイトのアクセスアップへの仮説と検証。

サイトのSSL化

sslイメージ
本サイトも同時に、bugsy-net.comドメインサイトをすべてSSL化、管理画面やコンタクトフォームからの送信もすべて暗号化通信の設定。

すでに運用されている既存サービスへのhttps化(SSL化)は死ぬほど大変でした。

具体的には設定が合っているにも関わらず、WordPressのプログラム内でエラーが起こり、500 internal server errorが頻発。 設定しても1時間後にまたエラーが出ること3回。

最後にはサーバ側のデータベースをいったんクリアにして、最初からデータベースサーバならびにテーブルの設定、WordPressの再インストールを行い、バックアップからコンテンツを元に戻す作業を2サイト分。

ゴールデンウィークの真夜中に、徹夜の作業を行うハメとなりました。(ちっとも休日にならんやんけ)

今後の展開

本サイトならびに、アコードワゴンのサイトを育てながら、課題点を改修していく予定のほかに、実は実験したいサイト構成がもう一つあります。

全て、WordPressベース、SSL化、レスポンシブサイト、SEOやSNSマーケティングを駆使した試みなど、実際に自分が体験しながら経験値を上げていけたらなどと考えております。

あ、ハナシがちょっと反れますが、よろしければこの記事のすぐ下の「この記事が気に入ったらいいね!しよう」ボタンを押してみてはいただけませんでしょうか。

こちらはFacebookページへの「いいね!」ボタンとなりまして、ちょっとそっちの可能性の実験もしていけたらなどと考えております。
やってみてノウハウがたまりましたら、皆さんにフィードバックいたしますのでチョット実験的にご協力いただけましたら嬉しい限りでございます。

ご協力のほどどうぞよろしくお願い申し上げます。m(__)m

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で岡村 博之をフォローしよう!

投稿者: 岡村 博之

1971年 横浜に生まれ横浜に育つ 大学まで投手として野球を続ける。 某インフラ事業を母体とした企業でグループ会社のweb関連業務に従事 趣味は音楽鑑賞、飲酒(特にウイスキー・日本酒)、ゴルフ、たまの草野球

コメントを残す