原発性アルドステロン症診断結果・治療方針

原発性アルドステロン症診断結果について

主治医説明

検査入院から退院して三週間後の2015年10月30日、診断結果を伺いに慶應義塾大学病院に外来で訪れる。

各種負荷試験の結果、原発性アルドステロン症であることは間違いないとのことだった。

原発性アルドステロン症の治療方法は、左右のどちらかの副腎が悪い場合は悪い方の副腎を切除。

両方が悪い場合は投薬治療ということをあらかじめ聞かされていた。

私の場合は「まだ年齢が若いので、一生薬を飲み続けるよりは、悪い部位を切除することで根本治療とすることが望ましい」とのことだった。

さて、左右どちらの副腎が悪いかということだが、両方の太ももの付け根からカテーテルを入れた静脈サンプリングの結果、左側の副腎からは5か所から採血が行われ数値の結果、完全に悪いということが分かった。

副腎 検査結果
副腎 検査結果

問題は右側の副腎である。

普通の人は太ももの付け根から副腎まで伸びる血管が、途中から一本になって副腎まで達する構造だそうなのだが、私の場合特異体質で、「二本のまま上に上がっていっているという、非常に稀なケースである」とのこと。

従って、右側の副腎までカテーテルが完璧に達することができず、1か所からしか採血することができなかったそうだ。

左の副腎は完全に悪い。しかし、右の副腎が悪いかどうかは不明というまさかの結果に。

これには言葉を失った。

手技の間、医師たちが別部屋で集まって何やら話をしていたのはこのことだったのか。

あれは小休止じゃなかったのか。

治療方針について

というわけで、今後の治療方針としては投薬により定期的に様子見ということとなった。

原発性アルドステロン症 対処療法用の処方箋
原発性アルドステロン症 対処療法用の処方箋

根本的な治療ではない。
過剰に排出されるアルドステロンを抑え、血圧を下げるだけの対処療法にすぎないのだ。

処方された、アルドステロンを抑制するセララ、血圧を下げるアムロジンを毎日飲み続けなければならないのである。このセララという薬は、「グレープフルーツジュースとの併用は避けるように」とのこと。

自覚症状は全くない。毎朝起床と共に体重と血圧を測り、現況を把握するしか方法が無いのだ。

ただ、いくら「悪い」といっても臓器一つを切除することへの不安は感じていた。

「左右二つあるので大丈夫」とのことだが、切除してしまったら二度と生えてこない。本当に大丈夫なのだろうか?そのうち切除しなくても良い治療法方法が出てこないだろうか?

しかし根本的に完治すべき方法が無い難病であることも事実。

さて、診断結果と方針が出た以上、この先の人生、原発性アルドステロン症とどのように向き合い、受け入れ、そして付き合っていくか。

生活上の注意としては、「食塩の摂取量をひかえて(1日6~7gまで)、血圧のコントロールをしっかり行うことが最も重要」とのこと。

繰り返すが、この病気は、副腎からのアルドステロンが過剰に排出されることにより、カリウム不足となり、塩分を上手く排出することができないため水分を蓄えようとし、高血圧となるメカニズム。

従って、「ラーメンのスープは飲み干さない」など、塩分を抑え、カリウムを多く含む食材を摂取し、余計な要因で高血圧を招かぬよう内臓脂肪を減らすために減量も必要だろう。

栄養バランスも再考する必要があるだろう。

これを転機に、なんだかんだで今まで放置してきたが、どうやら戦略的に生活習慣の改善を図らねばならないところに来たようだ。

戦略・戦術:現況把握についてへ続く

このサイトの歩き方

このサイトの歩き方

このサイト、わりと長編ですので、ご興味のあるコンテンツから読んでいただければ幸いです。

このサイトの歩き方