内科受診~原発性アルドステロン症の疑い

血圧測定

2015年の8月1日に健診センターの保健師さんに「一週間血圧を測って下がらなければ内科受診してください」と告げられ、下がらないので内科を受診しようとしたところ、ちょうどお盆休みにさしかかり、どこも休診であった。

結局盆明けの土曜日、8月22日に受診することとなり、告げられてからすでに20日が過ぎていた。

ようやく受診。

血圧を正しく測る場合、30分程度横たわり落ち着かせてから測るとのこと。

診療台の上で眠りに落ちそうになるころ、看護師さんに血圧を測ってもらう。

採血を行い、約一週間後に検査結果を聞きに行く。

原発性アルドステロン症の疑い

血液検査結果
血液検査結果

2015年の夏、「原発性アルドステロン症の疑い」と診断された。

What? 聞いたことのない病名だ。原発?

その病名をを医者から告げられた時、事態が呑み込めなかったし、そもそも名前すら覚えられなかった。

血圧が高いといっても、「だるい」「痛い」「吐き気」「めまい」などの自覚症状は全く無いのである。

副腎

腎臓のすぐ上にある副腎という臓器から、アルドステロンというホルモンを大量に放出し、その結果カリウム不足となる。
カリウムが不足するとナトリウムを排出することができず、水分を多く蓄えようとする結果、血圧が上がる。

というメカニズムとのこと。

「すぐに、大学病院での精密検査が必要です。」

と言い渡された。

「ちょっと待ってください、仕事が忙しくて休めないですよ、平日じゃなきゃダメなんでしょうか?」

という私に内科の先生は、

「これから紹介状を書く先生は、この病気の権威です。指定された日時に一刻も早く診療を受けてください」

とのこと。

さっそく、9月1日 10:00に慶應義塾大学病院 腎臓内分泌代謝内科を紹介される。

「あららら、なんかやばいなー、そんなに深刻なのか、、、」

と、なんとなく事の重大さに気づきはじめた。

このときの血圧169/110 しかしながら自覚症状は全くなし。

検査入院:精密検査初診へ続く

投稿者: 岡村 博之

1971年 横浜に生まれ横浜に育つ 大学まで投手として野球を続ける。 某インフラ事業を母体とした企業でグループ会社のweb関連業務に従事 趣味は音楽鑑賞、飲酒(特にウイスキー・日本酒)、ゴルフ、たまの草野球

コメントを残す