七日目 肥満とストレス

デキサメタゾン抑制試験

クッシング症候群、サブクリニカルクッシング症候群の合併があるかどうかを検査することが目的で検査入院最後の試験。

投薬を行い24時間蓄尿するだけなので、昨日の副腎静脈サンプリング後の安静に丁度いいのだろう。

最後の関門は尿道に突っ込まれている管を抜く程度だ。

抜くときは入れるときほどの痛みはなく、あっという間だったが、しばらくは尿道が傷ついているので放尿の際に尿道がしみるのがつらい。

2~3日すれば痛みも消えるだろう。

そういえば昨日の午前中だが、腎臓内分泌代謝内科の伊藤教授が10名くらいの研修医を引率し、研修の一環の診察事例として私のところにお越しいただいた。

「CTスキャンの結果では特に目立つような腫瘍は映っていなかった」

つまり、副腎腫瘍の類は発見できなかった。

「もしかしたら両方の副腎からアルドステロンが出ている可能性もある。」

「肥満から起因しているのかもしれない」

88kg 体脂肪26% 腹囲103cm
89kg 体脂肪26% 腹囲103cm

とのことだった。

原発性というのは生活習慣が起因でなく、ある特定の臓器が原因との認識だが、それももしかしたら肥満がもたらしたのかもしれない。

それからもう一つ、

ストレスと副腎が綿密な関係にある

ストレス
そのストレスは、ある日突然死因に変わる

これはNHKの番組シリーズ「キラーストレス」でたまたま観たのだが、ストレスを受けると副腎から様々なホルモンを排出し、抗ストレスとして外敵に備えるとのことだ。

例えば職場などで人間関係がストレス状態であれば、ホルモンを司る副腎は常に防御態勢に入り、結果として負担がかかるというのは可能性として大いにあり得る。

そういった自分を取り巻く環境を冷静に分析し、今の自分に何が起きているのか、状況を客観的に把握した上で、今後の方針について色々と戦略的に考え、対策を講じていく必要がありそうだ。

どうやら、「肥満」と「ストレス」このあたりについて「何か手を打つべき時期が到来している」ということを悟らずにはいられなかった2015年の秋。

慶應義塾大学病院は今日も来院患者でごったがえしていた。

八日目 退院(まとめ)へ続く

投稿者: 岡村 博之

1971年 横浜に生まれ横浜に育つ 大学まで投手として野球を続ける。 某インフラ事業を母体とした企業でグループ会社のweb関連業務に従事 趣味は音楽鑑賞、飲酒(特にウイスキー・日本酒)、ゴルフ、たまの草野球

コメントを残す