内科受診~原発性アルドステロン症の疑い

血圧測定

2015年の8月1日に健診センターの保健師さんに「一週間血圧を測って下がらなければ内科受診してください」と告げられ、下がらないので内科を受診しようとしたところ、ちょうどお盆休みにさしかかり、どこも休診であった。

結局盆明けの土曜日、8月22日に受診することとなり、告げられてからすでに20日が過ぎていた。

ようやく受診。

血圧を正しく測る場合、30分程度横たわり落ち着かせてから測るとのこと。

診療台の上で眠りに落ちそうになるころ、看護師さんに血圧を測ってもらう。

採血を行い、約一週間後に検査結果を聞きに行く。

原発性アルドステロン症の疑い

血液検査結果
血液検査結果

2015年の夏、「原発性アルドステロン症の疑い」と診断された。

What? 聞いたことのない病名だ。原発?

その病名をを医者から告げられた時、事態が呑み込めなかったし、そもそも名前すら覚えられなかった。

血圧が高いといっても、「だるい」「痛い」「吐き気」「めまい」などの自覚症状は全く無いのである。

副腎

腎臓のすぐ上にある副腎という臓器から、アルドステロンというホルモンを大量に放出し、その結果カリウム不足となる。
カリウムが不足するとナトリウムを排出することができず、水分を多く蓄えようとする結果、血圧が上がる。

というメカニズムとのこと。

「すぐに、大学病院での精密検査が必要です。」

と言い渡された。

「ちょっと待ってください、仕事が忙しくて休めないですよ、平日じゃなきゃダメなんでしょうか?」

という私に内科の先生は、

「これから紹介状を書く先生は、この病気の権威です。指定された日時に一刻も早く診療を受けてください」

とのこと。

さっそく、9月1日 10:00に慶應義塾大学病院 腎臓内分泌代謝内科を紹介される。

「あららら、なんかやばいなー、そんなに深刻なのか、、、」

と、なんとなく事の重大さに気づきはじめた。

このときの血圧169/110 しかしながら自覚症状は全くなし。

検査入院:精密検査初診へ続く

高血圧?半年後の結果報告面談

6か月後に体重を82.8kg 腹囲を92.8cmにする

という目標に対し、

結果は体重87.7kg 腹囲99cmと、逆に健診時より数値が悪化していた。

健診時の体重85.8kg 腹囲95.8cmと比較しても体重はプラス2kg 腹囲はプラス3.2cmという始末。

富士御殿場蒸留所
半年後の目標未達の頃 2015/8/29 富士御殿場蒸留所にて 田中チーフブレンダーと

理由は明白である。

「保健師さんに作成いただいたチャレンジプランをきちんと自分のこととしてとらえ、主体的に取り組まなかった」から。

それでも最初の頃はまじめに取り組んでいたが、2週間と続かなかった。

逆に体重や腹囲が増えたことに対しても、特に対策もせず、だらだらと元の堕落した生活習慣に戻っていたのだった。

新宿という街は魅力的な誘惑が多く、ランチには困らない街である。

きづなすし マグロ三色丼
きづなすし マグロ三色丼

かつ丼やらつけ麺、ラーメンなど、カロリーが高く、腹にたまるものを好き好んで食べ、夜は酒を飲むという、気が付けば元の生活に戻っていた。

そんなこんなで「目標は達成できませんでした」などと保健師さんに言いにくい報告をヘラヘラとしていた矢先、血圧を計ってもらうと、、、

血圧測定

「あれ?血圧が高い」

「2回測ってもおかしい。これ、血圧計を購入して、一週間測っても下がらなかったら内科を受診してください」

と真顔で告げられる。

「暑い中歩いてきたからだろう」とか「たまたま今日は血圧が高いだけだろう」と、根拠のない思い込みで、高血圧についてもそれほど深刻にはとらえていなかったのが正直なところだった。

血圧計

とりあえず「心臓の近くで腕につけるタイプの血圧計を買ってください」

とアドバイスいただいたとおりの血圧計を購入し、一週間血圧を測ってみた。

高血圧が続く

上が182 下が119など異常値が続く
上が182 下が119など異常値が続く

その後も高血圧の日が続く。

指摘された当時は144/88あたりの数値だったが、169/110など、下がる気配もなくどんどん上がっていく。

8月末には182/119となる。

元々血圧など気にしたことは無かったが、さすがに見たことがない数値だ。

「これはいよいよおかしいな。内科を受診すべきだな。まあでも薬をもらって飲めばすぐ治るだろう、一過性のものだろう」

蝉がミンミン鳴く、暑い夏の真っ盛り。

ちょうどお盆にさしかかり、内科もどこも夏休みであった。

内科受診~原発性アルドステロン症の疑いへ続く