南青山 清水湯を拠点に六本木ミッドナイトランニング

清水湯六本木ミッドナイトランニング
職場のランニング仲間との定例会。

新拠点の開拓、南青山にある清水湯を拠点に、六本木ミッドナイトランニングを開催。

入口の券売機で460円の入浴券を購入すると、ここはランナー達のメッカなのか、既に受付の前にリュックがゴロゴロと転がっている。

着替えを済ませ、まずは国道246号線を北上した後、南青山三丁目交差点を右折し、外苑西通りを南下。

左手の青山墓地沿いを下る。木々が多いためか墓地だからか、気温が下がるのを感じる。
西麻布の交差点を左折し六本木ヒルズクロスポイントを右折すると、街路樹がライトアップされた向こうに、東京タワーを観る絶景ポイントが現れる。

街路樹のイルミネーション
街路樹のイルミネーション

テレビ朝日本社の横の坂道を上っていき、六本木六丁目の交差点を右折。

tv_asahi
テレビ朝日本社の向こうに六本木ヒルズ

六本木駅を過ぎたあたりを左折し、東京ミッドタウン前を突っ切り、ミッドタウンガーデンを目指すと美しいイルミネーションが現れる。

グリーンパークのイルミネーション
ミッドタウンガーデンのイルミネーション

青山一丁目の交差点を左折して246をしばらく走ると、拠点の清水湯に到着。

ざっと7kmの六本木ミッドナイトランニング。

あとは清水湯で汗を流し、近くの中華料理で宴会をすることにした。

話題も尽きず、ビールや紹興酒がすすむ。

時間があればもう少し距離を伸ばしてもいいだろうし、南青山 清水湯が、ランベースとしてかなり優れた立地であることが確認できた。

皆さんも、職場の仲間とランニング部をつくり、仕事帰りにでも爽快に汗を流してみてはいかがだろう。

ストレス解消!

運動して、銭湯で汗を流し、美味い料理と酒で、よく笑う。

気分は爽快で、ぐっすりと眠れますよ!

南青山 清水湯

投稿者: 岡村 博之

1971年 横浜に生まれ横浜に育つ 大学まで投手として野球を続ける。 某インフラ事業を母体とした企業でグループ会社のweb関連業務に従事 趣味は音楽鑑賞、飲酒(特にウイスキー・日本酒)、ゴルフ、たまの草野球

コメントを残す