20km走れる脚作り

20km走ると1~2kg確実に落ちる。

丹沢湖ハーフマラソン
丹沢湖ハーフマラソン

走った直後の水分の抜けた状態ではなく、走った次の日の計測体重である。

身長172cm 体重82kg(2016年6月現在)のわたしが20km走るとだいたい1,800~900kcal程度消費することが出来る。

マラソンの選手で太っていて良い記録を出す選手を見たことがあるだろうか?
テレビで見かける長距離ランナーは、男子も女子も皆、無駄な脂肪などついていない体型をしていると思う。

つまり、ランニングはウエイトを落とすのに最適なスポーツであることは間違いない。

今回のダイエットは2016年4月から開始

2016年4月~6月までの記録
2016年4月~6月までの記録

4月 計10回 82.64km

5月 計10回 99.41km

6月 計12回 130.8km

3か月間で計32回 312.95km故障することもなくジョギングし、ラーメン、つけめんをやめて、和定食に切り替え、カロリー・マネジメントを行った。

これだけで7~8kg体重を落とした。

この記事を執筆中の2016年9月末で体重は78kg台にも突入し、4月からの約半年で約10kg減とし、次の目標に向かっているところである。

20kmなんて走れるわけがない

さらっと「20km走れる脚作り」などと書いてみたが、これを読まれた方で、「20kmなんて走れるわけないだろう!」と思われた方がほとんどではないだろうか?

「そんなに高いハードルをいきなり書くなんて非常識である」「そんなにつらいことは出来ない」「何これ、単なる自慢?」と思われることを前提に書いているので安心して読み進めてほしい。

ただし、脚に怪我や何かしらの障害を抱えていないことを前提に書いているので、そういった場合はご容赦いただきたい。

わたしについてでも書いた通り、以前のわたしは体重93kg 仕事はデスクワークのため、ほぼ運動習慣を持たなかった。

体重93kg 2011年:ローマにて
体重93kg 2011年:ローマにて

その状況の下で、「運動不足だから久々に運動でもするかな~」などと、家にあった野球のアップシューズで近所を適当に走ってみた。

野球用アップシューズ
野球用アップシューズ

「5kmは走っただろう!」と息を巻いていたら、後々、そのコースをアプリで距離を測ってみたところ、1.5kmしか無く、愕然とした。

ランニングの知識や走り方などは皆無で、学生時代は野球部でピッチャーだったので、シューズをはじめ、野球のウエア類が最高だと思い込んでいた。

次の日、歩くと左のかかとが痛い。

ずっと後日談だが、野球のウエアを着て10km程度走ったら、乳首が擦れてしまい激痛で走るどころではなくなった経験もある。

このように、毎日鍛えていた現役の頃と、不摂生を続けて運動もせず肥りきった状況とでは、筋力や体力含めてすべてが別人となりかわっていることを、認めたくなくとも、まずは現実を認めるところから始めなければならない。

若い頃とは別人
若い頃とは別人であることを認める

若い頃と比べると、基礎代謝量もかなり落ちているということも認識すべきだ。

自分を自分で否定する辛い作業だが、客観的に冷静に現実を受け入れ把握して、目標達成のために最適な戦略と戦術を実践していく必要がある。

過去を捨てて現実を受け入れ、そのうえで手に入れるべき未来に向けてアクションを起こし、継続していくしかないのだ。

そもそも走ることが嫌い

以前のわたしを含めて、「ランニングに対して抵抗がある」という方は意外と多い。

たとえば学生時代に猛暑の中を無理に走らされたり、体育の時間で辛い思いをしたり、膝を痛めた経験があるとか、そもそも運動が好きでなかったり、三日坊主になる自分が分かっているから嫌だとか、理由は人によって様々だろう。

学生時代のわたしはピッチャーだったので、安定した投球や9回を投げ切る体力をつけるために毎日走り込みをしていたが、それは目的があったからであり、社会人になってからはランニングの習慣を特に持つ必要が無く、引退してから既に20年以上の月日が経っていた。

気がつけば現役時代の体重73kgから20kgも太った。

今回、原発性アルドステロン症を患ったことをキッカケに、医食同源を取り入れ、生活に有酸素運動を取り入れる戦略を立てたわけだが、ことランニングに関して参考にした書籍があるので紹介したい。

マラソンは毎日走っても完走できない
マラソンは毎日走っても完走できない―「ゆっくり」「速く」「長く」で目指す42.195キロ (角川SSC新書)

とはいえ、別にフルマラソンを目指すために購入したのではない。

身近にランニングに関して正しい知識を持つ指導者が居たわけでもないし、「どうせダイエットのためにランニングを取り入れるならば、回り道をせずに、正しい知識を持って参考にしておこう」程度の軽い気持ちだった。

「走れるようになるには、ある程度の準備がいりますよ」と。はっきりいえば。太りすぎの人がいきなり走るのは難しいです。

この著書で小出監督はフルマラソンを走るための秘訣より前に、立場上、市民ランナーからいろいろな質問を受ける御身であるのだが、「皆さん何かしらの目的をもって質問をされるけれども、それ以前にまずは準備が必要である」ということを説いている。

大きく分けて、身体の準備と道具の準備である。

先に書いたように、肥った身体で野球のアップシューズで何の知識も持たず、いきなり近所をランニングをしたこと自体、既に誤りなのだ。

では、以前のわたしのようなメタボダイエッターが、これからの生活習慣に有酸素運動を取り入れるためにランニングを始めたい場合はいったい何からどうすれば良いのか?

安心してほしい。

誰しもいきなり20kmなど走れないが、「気がついたら故障もせず20km程度なら走れるようになっていた」ということをお伝えしたいのだ。

その方法を以降、明確にしていきたい。

メタボ用シューズ ゲルカヤノへ続く